恐るべし、パグ犬オスの食欲との戦い【体験談】

2016年4月10日 パグ | ペットの病気 |

パグを飼ったことがある方ならご理解いただけると思いますが、パグという犬種はとても食欲が旺盛で太りやすいと言われています。

肥満による影響で短命になってしまったパグを何頭かみていたことや、注射の際などで獣医さんから体重管理の話がでるたびに気をつけなければと思っていました。
飼い始めたのが生後2ヶ月くらいでしたが、餌は決められたドッグフードをきちんと計りあげており、人間が食事をする際はケージに入れるよう徹底しています。
散歩も1日2回運動も兼ねて行っています。ストレスがたまるとよくないので、道を歩く際はリードを短めにしますが、人のいない公園やドッグランに行っては自由に走らせています。

血液検査を年に1度は受け、成人病のチェックをしています。
パグにしては痩せている方なのですが、年を重ねるごとに顔や体のシワが増えているように思います。
毛が短いわりに抜け毛もひどいのでブラッシングは毎日かかしません。
顔のシワも食べ物が挟まり臭うので食事後は顔を拭きます。スキントラブルも起こりやすいのでお風呂も週に1度は入れます。

どうしても食べたい欲求が止まらず、食べ物ではない花壇の花やお菓子の包装紙なども口にしてしまうので、家の中の環境はもちろん外出先でも誤飲しないように目を光らせています。
どうしても食べたいと鳴いたりする場合は、かみごたえのあるおやつや野菜を切ってあげることで食欲を満たしてあげています。

Tags :