猫の健康に食事と水は大事【体験談】

2016年6月13日 ペットの病気 |

我が家には3歳になる女の子の猫がいます。
我が子の健康に気を付けていることを紹介します。

一番気を付けているのはやはり食事です。
うちでは獣医さんが進めてくれたロイヤルカナンの避妊後の子用をあげています。
一日2回、袋の裏に書かれている量をはかりで量ってあげます。

夜にはそこに缶詰を混ぜています。
猫は同じ餌をあげ続けていると飽きて食べなくなってしまうと聞きましたが、3歳になっても変わらずすごい勢いで食べてくれます。

冬になると水分を取る量が減ってしまうということで餌に水を混ぜて与えたことがあります。
最初は食べてくれていましたが2日程あげ続けて頃ご飯を残すようになり、ご飯を食べてくれなくなってしまいました。
水を加えるのをやめて餌を与えことに戻したら再び食べてくれるようになりましたが、水を加える前の量を食べてくれるのに1週間かかりました。
ネットで見た情報で餌に水を加えましたが、うちの子は味が変わってしまうとご飯を食べてくれなくなるこのとき知ることが出来ました。
その子に合う餌の上げ方を知ることが大事なのだと反省しました。

餌を食べてくれなくなったことからノートに食べた餌の種類・量・トイレの回数・その他病院での診察内容や爪切りをしたなどの記録をつけるようになりました。
少しでもいつもと違うことがあればすぐに気が付けるようになりとても便利です。
猫はしゃべれないので少しの変化でも気付いてあげれるようにしています。