猫の健康管理【体験談】

2016年6月29日 ペットの病気 |

猫はとても我慢強い動物なので、少々の体調不良があっても傍目には分からないことが多くあります。
そこで大切なのは、日頃から飼い主が猫の様子をよく観察しておくこと、異変があれば迷わず動物病院での診察を受けるようにしましょう。

飼い猫のねだる姿がかわいいからといって、人間の食べ物を与えるのは禁物です。
猫にとっては塩分が高く、肥満や糖尿病を引き起こす可能性があります。
人間には無毒でも玉ねぎなどは猫にとっては赤血球を破壊し溶血性貧血を起こす危険性があるので、玉ねぎが中に入っているハンバーグやスープなどは絶対に与えてはいけません。

基本猫は、キャットフードと水のみ与えるだけで十分です。
また食べ物と同様気をつけなくてはいけないことは、人間用の医薬品を猫に与えない事です。
医薬品は人間の身体を基準に作られているため、猫に与えた場合は、薬を通り越し副作用で猛毒となります。
異変があった時は、自己診断せず病院での診察を受けるようにこころがけてください。
その他猫に与える水は水道水で十分です。
健康にこだわりミネラルウォーターを与えることは、特に硬水であった場合含有するミネラル分により下部尿路系疾患を引き起こす原因となります。

猫の健康寿命を延ばすのは、飼い主の責任でもあります。
以上が猫の飲食に関する注意点ですが、日頃から毛づやや体重のチェックをまめにしておくことも、異変を発見する上で大切なことです。

Tags :