猫の泌尿器系の病気【体験談】

2016年4月28日 ペットの病気 |

我が家ではネコを飼っているのですが、食事(特に塩分とミネラル、脂肪分)と運動不足にならないように気をつけています。

ネコは泌尿器系の病気になりやすいので、健康なうちから腎臓に負担がかからない将来的にも病気のリスクを軽減できるような食事を与えるように心がけています。
基本的にはカロリー面などを気にしたフードを与えていますが、人間の食べ物以上に内容物などについては目を光らせています。
また、特にネコの飲み水には気を付けています。
何故なら泌尿器系の病気は飲み水に関係しているというデータもあるからです。

あと、これは完全に個人的な感覚なのですが、
原産国についてもかなり気にして見るようにしています。
去勢後のネコは太りやすいので、完全室内飼いの我が家ではなるべくおもちゃで遊んであげたり、ネコが飛び乗ったり登れるようなタワー(自作)を置いてあげるようにしています

食事に気を配ることや、運動不足にならないように気をつけることは
完全に人間と一緒ですね。
私のようにネコを溺愛してしまうと、自分たちよりネコのことが最優先となってしまいますがお互いに健康で長生きして、出来るだけ長くともに生活をしたいものです。

以前に祖母の家にいた猫たちはネコ飯を食べていたけど相当長生きしていましたので気にしすぎも逆効果なのかも知れませんが
基本的なことだけでも気をつけてあげればネコにとってもいいのかなと感じます。